メディカルアロマ、スクールの選び方

アロマテラピーには主に2つの種類があります。一つは、花やハーブの香りの効果でほっとリラックスでき、マッサージ店やエステサロンなどで使われているイギリス式「アロマセラピー」。そしてもう一つは、病気の治療や予防、症状の緩和を目的とし、医療、看護、介護で行なわれるフランス式「メディカルアロマテラピー」です。後者は、香りだけではなく、精油の力で病気になる前の不調な体のケアや、病気とは認められない症状を改善する「代替医療」です。長年の経験と臨床データを元にしたレシピや、精油の化学的成分を学び、不快症状の緩和などに活用することができます。資格には様々なレベルのものがありますが、アロマのことだけでなく、人の体に関する正しい知識を持ち合わせることが大切なため、スクールに通うのが良いでしょう。選ぶ際には、実績があるかどうか、また自分に合ったレベルで進めるかどうかなど、環境面のチェックも重要と言えます。

メディカルアロマを学ぶならスクールがあります

様々な医療関係の資格の中でも、注目されているのがメディカルアロマです。こちらは身体だけではなく心も癒すことが出来るアロマを活用しています。医療界でもその効果を取り入れている所が増えている事から資格を食事している方々の需要も増え続けています。そこで、資格を取得する場合、専門的な知識と技術を学べるスクールを受講する事が必要です。通学の場合、仕事をしながら学べるようなカリキュラムが取られていたりするので、社会人になってからでも安心して学べるようになっています。具体的なスクールの講座内容は、アロマに関する基本的な知識と共に医療に活かせる心理学なども学べます。また、メディカルマッサージやクリニカルアロマ等も習得できるので、資格取得後の就職にも役立つ内容です。充実したサポート体制が整っている所を選ぶことで、安心して学べますし資格も取得しやすくなります。

メディカルアロマを、学べるスクール

アロマテラピーを活用すれば、病気の症状を緩和することが出来ます。精油には、心肺機能を高めたり、ウィルスの蔓延を抑えたり、自律神経を整えたり出来る効能があります。これらは、精油の種類によって異なるため、効果的な使用をするためには、さまざまな知識が必要です。呼吸器系の疾患に効果のあるものや、素肌に働きかけるものや、精神に作用するものなどがあり、組み合わせることで、むくみやイライラ、落ち込みなどを緩和することが出来ます。メディカルアロマのスクールでは、身体に疾患を持った場合の、使用方法が学べます。高齢化や、複雑化する世の中に対応出来ずに、病気になってしまう人が多い現代では、これらの知識はとても役に立ちます。生活を健全化して、少しでも健やかに生きることで、毎日の生活が成り立ちます。メディカルアロマに興味を持ち、学ぶことは、さまざまなシーンで活用出来ます。

カルチャーコースでは資格取得コース、ブレンドトレーニングコースがありフェイシャルやボディケアを学ぶコースもございます。 受講生それぞれに合った就職を実現させるため、個人の個性に合わせた進路を一緒に考えていきます。 東洋医学アロマセミナーでは理論と実技を基本から応用までしっかり学び、安全に施術できる技術を学びます。 メディカルアロマ スクール